Original

商標登録の方法!登録までの流れ・かかる期間は?

商標登録はいくつかの手順を経ないと完了せず、審査結果が分かるまでにはある程度の時間も必要です。商標登録しようと思ったとき、その方法について分かっていると面倒に感じなくて済むでしょう。そこで今回は、登録までの流れや審査期間についてご説明します。


自分が登録しようとしているものが既に存在していないかチェックしてから出願

商標登録する際は、まず自分の考えた商標がすでに登録されていないか事前にチェックする必要があります。

これまで、いろいろな人が新しいデザインや商品名を生み出し、商標として登録しています。自分が最初に考案したと思った商標を、過去にほかの人が思いついていても不思議はありません。その場合、審査を申し込んでも時間や費用が無駄になってしまいます。そのため、商標登録の手続きに入る前に、チェックが不可欠です。

いろいろな方法で確認できますが、特許庁が開設している「特許情報プラットフォーム」は無料で利用できる便利な検索サービスのひとつです。特許、実用新案、意匠、ならびに商標に関するデータベースであり、これらの項目について出願中の商標(出願商標)あるいは登録済みの商標(登録商標)などが分かります。

ただし、検索ワードの入力方法などによっては類似の商標が見落とされる恐れがあります。商標が類似しているかどうかの判断も、簡単ではありません。この点に不慣れであれば、専門知識を持った特許事務所に頼んだほうが無難でしょう。


出願料を払って審査してもらう

自分の商標案が重複していないと確認できたら、申請する区分を考えます。登録する商標を、どんな商品やサービスに利用するか決めるわけです。現在、商標の区分は45種類あり、出願時には希望する区分を必要な数だけ選んで指定します。

どの区分に自分の商標を指定するか確定したら、次は出願書類の作成です。出願用紙は特許庁に所定の様式が用意されており、ホームページからのダウンロードなどにより入手できます。申請する商標の利用区分など、一通りの必要事項を記入していきます。具体的な作成方法などは、特許庁ホームページで確認しておくとよいでしょう。

ここまでの作業が完了すると、いよいよ出願です。一般的には、提出書類を一式揃えて特許庁に持参するか郵送します。この時点では、審査してもらうために出願料を支払わなければなりません。審査請求の手数料は1件ごとに発生するので、商標が複数であれば出願する件数だけ費用も準備しておく必要があります。

なお出願手続きはオンラインでも可能ですが、その場合、別途にオンラインによる手続きの申し込みが必要です。それだけ、申請者にかかる負担は大きくなります。そのため、出願件数が大量かつ継続的でなければオンラインでなく郵送などによる提出がおすすめです。


商標登録審査にかかる期間は約8ヶ月

特許庁に願書を提出した後は、審査結果が通知されるまで待たなければなりません。通常、商標登録の審査期間は約7~8ヶ月といわれています。

特許庁では、年間10万件以上にも及ぶ商標審査を処理しなければなりません。どの商標も、平等な基準にもとづき審査する必要があります。類似している商標については、どこまで独自性を認めるか専門家であっても簡単には答えを出せないといわれています。どれだけ審査する件数が多くても適切に判断することが望まれるため、これくらいの時間は欠かせないわけです。

また審査結果は、希望通りになるとは限りません。申請を認められないと判定が下れば、特許庁から意見書などで審査を通らなかった旨の知らせが届きます。この場合、再審査を望むなら改めて手続きを進めることになります。これまでに類似している商標が登録されていなくても、出願した商標案が許可されるとは限りません。公序良俗に反するなど、さまざまな理由から出願を受け付けてもらえない場合があります。

再出願するときは、その手間を無駄にしないためにも何が問題であったか認識したうえで修正を加えておくことが不可欠でしょう。


晴れて登録完了!

出願した商標が特許庁の審査を通過すれば、登録できます。その旨を伝える通知が特許庁から送られた後に登録費用を納めると、登録証が発行されます。この証明書により商標権が認められたことになり、登録完了です。実際に商品やサービスを販売する際、特許庁から認可された商標として、その後は安心して利用できるようになります。

​​​​​​​しかし、商標登録により発生する商標権には有効期限があり、この期日を過ぎると効力は失われます。権利を継続したいと考える場合は、商標の更新が欠かせません。特許庁から期限日について案内されるわけではないので、更新手続きを忘れないためにも日程の管理は必須です。


まとめ 

商標登録は、アイデアを考えるところから始まります。すでに数多くの商標が存在しているので、自分の商標案が独自のものかの確認作業は怠れません。また、出願しても審査には時間がかかり登録を許可されないケースもあります。各種の手続きを円滑に済ませるためには、専門家の意見を聞きながら計画的に作業を進めるほうが得策でしょう。商標専門の特許事務所に相談すれば、有益なアドバイスをえられます。商標登録に悩んだら、専門家への相談がおすすめです。

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧