Original

YouTube動画のBGMの著作権の扱いは? 違反にならずに楽しむには?

手軽に動画投稿や視聴ができるYouTube。便利なこのサイトを利用したことがある方も多いのではないでしょうか。自分でYouTubeに動画を投稿する際、気をつけたいのがBGMの著作権です。著作権違反をせず動画を投稿するには、どの点に注意すれば良いのでしょうか。ここでは、音楽の著作権の取り扱いについてご紹介します。



音楽の著作権の扱いについて


音楽の著作権は、権利を持つのが1人だけとは限りません。1曲に対して多くの権利者が存在する場合があります。

例えば、演奏しているアーティストの名前や人物写真は、所属事務所が著作権を持っています。音源についてはレコード会社やレーベル、詞や曲については出版社やJASRACと、権利の管理は細分化されています。ミュージックビデオやプロモーションビデオがあるものは、映像制作会社にも著作権があります。

好きなアーティストの音楽を自作のYouTube動画のBGMに使いたいという方は多くみられます。ただ、勝手に音楽を使用し、YouTubeに投稿すると著作権侵害となってしまいます。


音楽は引用もNG!使用してはいけない例は?


著作権のあるものには、「引用」という形を取れば例外的に著作者の許可がいらないという決まりがあります。ブログの中にほかの著作者が書いた文章を載せるのも、引用であれば可能です。

ただ、音楽に関しては引用することも認められていません。自分で動画を作ってYouTubeにアップロードする際、勝手にCD音楽やカラオケ音源を使うのは違法です。自分で買ったCDであっても、著作権はアーティストやレコード会社などにあります。曲を全部流すのはもちろん、一部分だけカットしたものであっても使用してはいけません。自分で編集して手を加えていても、著作権は音楽の権利者にあります。

「歌詞」に関しては、自分のブログや書籍に他人の作った歌詞を引用することはできます。ただし、歌詞をすべて載せてはいけません。あくまで一部分のみの使用となります。引用の際は自分の文章と歌詞との区別が明確にわかるようにし、曲名・作詞・作曲者の名前も明記しなければいけません。

また、YouTube動画には、著作権使用料無料の音楽を使っている方が多くみられます。フリー素材として提供されている音楽であれば、著作者の許可がなくても自由に使用可能です。ただし、著作権フリーの音楽であっても、商用利用NGとされている場合は、YouTubeで使えません。YouTubeは広告収入により利益が得られる可能性があるためです。自分の使いたい曲があったら、商用利用しても良いものか必ず確認しましょう。


YouTubeで使用しても良い音楽は?


著作権フリーでないCD音源も、著作権者に許可を取れば使えます。ただ、市場に流通している音楽だと、個人で許可を得るのは難しいでしょう。それよりも、著作権使用料フリーかつ商用利用可能な音楽を使うほうが現実的です。

現在は多数のホームページでフリー素材の音源が配信されているため、好きなものを探してみましょう。動画をアップロードする際は、どこのサイトから音楽を借用したか明記してください。

また、YouTubeには、自分の動画に音楽がつけられる機能があります。過去に上げた動画でも、後から編集するのが可能です。曲自体は1~2分程度のものが大半のため、短めの動画に使うのがおすすめです。YouTubeが提供している機能なので、著作権に触れる心配はありません。ほかにも、「YouTubeオーディオライブラリー」という公式のオーディオトラックから、音楽や効果音をダウンロードすることもできます。長い曲もあるので、長時間の動画にも適しています。

もっとも確実なのは、自作の音楽を使うことです。自分の作った音楽であれば、他人の権利を侵害することはありません。作曲の趣味がなければ自作は難しいかもしれませんが、安全に動画を投稿したいときにはおすすめです。


音楽の著作権を守らない場合のペナルティーは?


音楽の著作権を守らず、動画を違法アップロードしてしまった場合、どういったペナルティーがあるのでしょうか。

YouTube運営や著作者に見つかったら、たいていは動画の削除要請がきます。この警告に応じなければアカウント停止処分になる場合があります。最近は違法動画への対応が厳しくなっている傾向にあるため、動画の内容次第ではすぐにアカウント停止されることもあるようです。

ペナルティーはアカウント停止処分のみとは限りません。著作権侵害は犯罪です。権利者に見つかると、訴えられることもあります。著作権法違反のペナルティーは事案によって異なりますが、懲役や罰金などの刑罰が課される可能性があります。動画を投稿する際は他人の権利を侵害していないか、十分注意するように気をつけましょう。


まとめ


YouTubeへの動画投稿は世界中で流行しています。スマートフォンやパソコンの普及により、誰でも簡単に動画編集ができるようになったのも大きいでしょう。

だからこそ、著作権に対する知識を備えておくことは大切です。気づかないうちに他人の権利を侵害していないか、確認しましょう。

著作権に関する問題は、法律に詳しくない方には判断が難しいこともあります。お困りのことがあれば、信頼できる特許事務所へご相談ください。


お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧