Original

料理のレシピは著作物? 著作権が発生するのはどこから?

料理本やレシピ掲載サイトなど、さまざまな場所で提供されている料理のレシピ。最近は、インターネットでレシピ情報を仕入れる方も多くみられます。料理のレシピは、著作物に当たるのでしょうか?

今回は、レシピの著作権に関する知識をご紹介します。著作権が発生するのはどこからか見極め、著作権侵害を行わないように注意しましょう。



料理レシピは著作物ではないがレシピ本は著作物に当たる


著作権の対象となるのは文学作品や音楽、コンピュータープログラム、ダンスの振り付け、写真などの創作物です。自分の思想や気持ちを創作的な形で表現しているものは、基本的に著作権で保護されます。著作物は著作者の許可なしに公開したり、変更したりしてはいけません。自分の著作物を許可なく使われた場合は、使用を止めさせたり損害賠償請求したりできます。

料理のレシピはアイデアとみなされるため、著作物には当たらないといわれています。そのため使用には許可がいらず、使用料を支払う必要もありません。

ただし、料理本や料理ブログなどは著作物として扱われます。レシピが執筆されたとき、著作者の表現が加わっているためです。著者のことばで書かれたレシピ部分は創作性があるため、著作権で保護される対象となります。

また、料理レシピに添えられている料理の写真も著作権で保護されます。そういった写真を勝手に利用するのも著作権侵害です。


有名料理研究家のレシピを一般人が転載したらどうなる?


有名料理研究家が本やブログに載せたオリジナルレシピを、一般の方が転載したら違法になるのでしょうか。

上記のとおり、本やブログなどで掲載されたレシピは著作物とみなされます。そのため、料理研究家の本やブログなどからレシピを勝手に転載するのは、著作権侵害に当たります。

ただ、著作者の表現が加わる余地のない部分に関しては、著作物と認定されない場合があります。そのため、材料の列挙や一般的なレシピの転載なら、問題にならない可能性があります。

だからといって、料理レシピを丸ごとコピーするのはおすすめしません。材料を記載する順番ひとつとっても、著作者の意図した表現が盛り込まれている可能性もあります。他人の作ったレシピを勝手に転載しないようにしましょう。


有名料理研究家のレシピを一般人がパクって発表したらどうなる?


有名な料理研究家が考案したレシピを、一般の方が自分のアイデアであるかのように発表したらどうなるでしょうか。

著作物として認められるのは「思想や感情」を創作的に表現したものです。著作権で保護されるのは著作物の「表現」であって、アイデアではありません。例えば、新しく発売された小説の中に既存の小説の内容と似たシチュエーションや登場人物が出てきたとします。それでも双方の文章の表現がまったく異なっていれば、著作権侵害とはみなされません。

同様に、一般の方が料理研究家のアイデアを拝借し、自分のことばでレシピを書いてブログに掲載したとしても、公的な責任を問われることは少ないでしょう。

もちろん、パクリが発覚したら発案者とトラブルになる可能性はあります。自分のアイデアを勝手に使われるのは、誰しも気分が良いものではありません。また、発案者以外からパクリを指摘される可能性もあります。


トラブルを回避するためには創作者への配慮が必要


他人の考えたレシピを自分の著作物に記載したいとき、トラブルを避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

例えば、料理研究家が発表したレシピを自分のブログに掲載するとき、発案者に掲載許可を取り付ける必要まではないかもしれません。多くの場合、「コンセプト」や「アイデア」を共有する際は、発案者に許可を得なくても良いことになっています。料理レシピの場合も同様でしょう。

大切なのは、創作者への配慮を行うことです。他人が考えたレシピを自分の著作物に載せるなら、発案者の名前や参照元を明記しましょう。これをしなければ罰せられるというわけではありませんが、アイデアを創作した方への敬意は重要です。

アイデアのパクリは発案者に対して失礼に当たります。自分の著作物をより良くするため、料理のレシピを拝借させてもらうという気持ちを忘れないようにしましょう。


まとめ


料理のレシピ自体には著作権がありませんが、料理本や料理ブログなどは著作権で保護されます。著作物に記載されているレシピをそのままコピーしてしまうのは著作権侵害に当たるため注意しましょう。

他人が考えた料理のアイデアを自分のことばで表現するのは著作権違反になりません。ただし、発案者への配慮はしっかり行いましょう。レシピを自分の著作物に記載する際は、発案者の名前や参照元を明記するのが大切です。

レシピが著作権で保護される領域は複雑で、法律に詳しくない方にとっては見極めが難しいかもしれません。もしわからない点があれば、お近くの特許事務所へご相談ください。著作権に関するさまざまな問題に対応いたします。

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧