Original

結婚式で好きな曲をBGMに流したら著作権法違反?

結婚式といっても、ブライダル会場を借りて開く以上、楽曲利用には注意しなければなりません。音楽の著作権は、さまざまな人物や団体が関係し、かつ複数の権利を含みます。著作権法に違反しないためにも、権利の仕組みについて理解しましょう。今回は、結婚式における楽曲使用の注意点についてご説明します。



結婚式で好きな曲をBGMにすると違法! なぜ?


結婚式・披露宴の会場で好きな曲を流す場合、権利者からきちんと許可をえていれば、違法にはなりません。著作権法に抵触しないためには、まず結婚式での曲の演奏が私的行為か否かを理解し、著作権にまつわるさまざまな権利とその規定について知る必要があります。

結婚式で好きな曲を流すのは私的行為じゃない?
「結婚式は私的なものじゃないの?」と思われるかもしれませんが、披露宴や挙式の場を提供するのはブライダル関係の事業者でしょう。「BGM演出によってその場を盛り上げる」ことは、ブライダル事業者が提供するサービスのひとつに含まれるため、営利利用と判断されるのです。

新郎新婦の入場曲や、プロフィールを紹介する際のBGMなども、使用にあたっては著作権者の許諾が必要です。著作権管理団体(JASRACなど)と提携するブライダル会社であれば著作権利用の手続きは必要ありませんが、使用方法によっては許諾が必要なケースもあります。


演奏利用と複製利用


楽曲の使用には、「演奏利用」と「複製利用」のふたつがあります。著作権には演奏権と複製権が含まれるため、使用の際はそれぞれの権利規定にもとづいて申請しなければなりません。

演奏利用とは、会場などでその曲を演奏、または歌うなどの利用方法です。生演奏はもちろん、CDをBGMとして流す行為も含まれます。また、DVD映像と一緒に曲を流す行為も演奏利用です。演奏利用は、「営利目的ではない」「料金を取らない」「演奏者や歌唱者に報酬が支払われない」という三つの要件を満たせば、許可の必要はありません。

一方、複製利用とはコピーや複製品を作って利用することです。結婚式での複製利用には、楽曲CDをコピーしてBGMとして使用する、楽曲入りの映像作品を自作し、演出用として流すなどの行為が含まれます。また、披露宴の模様を収録したDVDなどに楽曲が入っていれば、これも複製利用に該当します。購入したCDやDVDであっても、無許可の営利利用は認められないので注意が必要です。


式場が著作権管理団体と契約・または申請してはじめて使用OK


国内製作の楽曲は、主に日本音楽著作権協会「JASRAC」が一括で管理しています。多くの結婚式会場は、JASRACと提携関係にあるため、市販CDであれば申請の必要もなくBGMとして利用可能です。

JASRACは、国内で活動する作詞家や作曲家、音楽製作会社などから著作権管理を委託されています。音楽に関する著作権を所有するのは、歌手や作曲家、作詞家であり、またはレコード会社なども該当するでしょう。通常、音楽作品は映画やテレビ、CM、さまざまなイベントなどで広く活用されることで収益を生み出します。それが営利利用されるたびに個人の作曲家から許可が必要となれば、膨大な手間がかかってしまうでしょう。JASRACのような団体が著作権利用の窓口となっているのは、このような事情が背景としてあるためです。

ただし、JASRACは著作隣接権まで管理していません。著作隣接権とはレコード会社や歌手、演奏家などが所有する権利です。著作権が「楽曲を製作する人の権利」、著作隣接権は「楽曲を伝える人の権利」といえるでしょう。

CDの複製利用などでは、著作隣接権が絡んできます。複数の楽曲を用いるためそれをひとつのCDに焼いたり、プロフィールDVDを自作したりするときは、JASRACとともに著作隣接権を管理する団体への申請が必要となります。


著作権料として必要な費用は?


著作権の使用料は、大きく分けて「著作権料」と「著作隣接権料」のふたつがあります。料金の計算は1曲(著作権料200円・著作隣接権料2000円)ごとに発生。曲は、5分で1曲とみなされますので、6分の曲であれば2曲分(200×2+2000×2=4400円)の著作権料が発生します。

結婚式の披露宴でいえば、例えばプロフィール紹介のための自作DVDを流す場合に著作隣接権料が発生します。著作隣接権の使用許可をえるには、レコード会社に申請するのが基本ですが、個人では頼めません。複製利用の許諾代行団体に、ISUM(アイサム)という一般社団法人があり、ここに加盟している式場やブライダル映像会社であれば、問題なく利用できます。


無断でBGMを使用した場合のペナルティーは?


無断でBGMを使用した場合、著作権法違反罪に問われます。著作権法では、楽曲の無断営利使用者に対し、「10年以下の懲役または、1000万円以下の罰金、またはその両方を科す」としています。

音楽の著作権使用の仕組みは非常に複雑であり、錯誤を起こしやすいといえます。そのため、著作権と著作隣接権、あるいは演奏権と複製権というふうに個別に整理しつつ、どのようなケースが大丈夫で、どんな利用が著作権違反なのか具体的なシチュエーションを想定しながら理解を深めていくことが大切です。


まとめ


結婚式会場でのBGM使用は営利利用にあたるため、著作権手続きを必要とします。しかし、多くのブライダル会場はJASRACと提携しているため、一枚のCDを流すだけなら問題ないでしょう。

複数の曲をひとつのCDにまとめる複製行為は、著作隣接権が絡み、別途手続きが必要。音楽の著作権利用は非常に分かりにくい部分があるため、不安であれば著作権法に明るい特許事務所に相談することをおすすめします。

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧