catch-img

特許の取り方!発明・アイデアを守るためには必須です

一般的な方にとって「特許」はあまりなじみのない制度かもしれません。しかし、アイデアや発明の権利を正当に主張するためには、特許を利用する必要があります。特許について知らなければ、発明・アイデアで得られる利益が減少してしまうかもしれません。こちらでは、特許に関する基本的な情報についてご紹介します。

記事を見る


catch-img

模倣の危険はないの?特許出願内容が公開される理由

特許権取得の最もたる目的は、「アイデアの独占」です。一方で、出願から1年半が経過すると出願内容が一般公開されることをご存知でしょうか。独自のアイデアが公開されることに対し、第三者による模倣を懸念される方もいるかもしれません。こちらでは、特許出願内容が公開される理由についてお話します。

記事を見る

catch-img

特許使用料はどのくらい?知っておきたい「ライセンスの扱い」

「特許の権利者は多くの利益を獲得できる」という一般的なイメージがあります。これは、権利者が第三者から発明を使用する対価として「特許使用料」を得られるためです。こちらでは、この特許使用料の概要や相場、権利者が注意しなければならない「利用発明」についてお話します。

記事を見る

catch-img

査定、納付、そして登録!特許権を得るまでの流れ

発明に関して特許権を取得するためには、複雑な手続きを踏む必要があります。審査の過程では、特許庁との出願者の間で書類が行き来することも少なくありません。スムーズに特許権を取得するため、おおまかな手続きの流れを把握しておきましょう。こちらでは、出願から特許登録までの基本的な流れをご説明します。「拒絶査定謄本」が届いてしまった場合の対応もご紹介しますので参考にしてください。

記事を見る

catch-img

著作権と商標権、優先されるのはどちら?

企業が開発商品のブランド化を狙うなら、著作権より商標権登録がおすすめです。商標の権利化は、著作権と異なり、時間とコストを要する特許庁への出願が必須。審査をクリアすれば大きな効力が手に入ります。商標権と著作権では権利化のプロセスや効力にどんな違いがあるのか、以下でご説明します。

記事を見る

catch-img

商標登録のメリットに迫る!手間をかけてでも商標登録すべき理由

商標は登録が認められるまで、手間や労力、コストがかかります。すでに類似のものが申請されていないかなど調査する必要があり、決して簡単ではありません。それでも、商標登録しておくと会社に多くのメリットをもたらします。今回は、商標登録によって会社にどれほどのメリットがあるかについてご紹介します。

記事を見る

catch-img

「商標登録」とは?知っておきたい基本知識

特許庁に商標登録願を提出後、登録の可否を判断するための審理がスタートします。過去に同じあるいは類似の商標登録があれば、権利化は認められません。そのため、申請前の戦略立案と緻密な調査が不可欠です。今回は、商標登録の基本について、意匠や特許との違いも交えながらお伝えします。

記事を見る

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧