国内特許国内で特許取得するためには

専門技術分野

当事務所では、電気、制御、機械(X線CT、MRIなどの医用画像装置、ロボット工学、画像処理、電子機器、電気回路、ビジネスモデル特許、アンテナ技術、通信技術)など、様々な分野でお客様の特許取得の為のサポートを行っています。

当事務所で行う特許出願の流れ

国内特許出願までの一連の簡単な流れをご紹介します。

流れ

特許出願前の作業

お客様から出願のご依頼を頂いた際には綿密な打ち合わせを行い、案件に応じて発明・考案の権利化可能なポイントを知恵と工夫、経験から導出し、それを充分に把握したうえで明細書、図面等の出願書類を作成致します。

特許出願後の作業

競合他社の技術動向(出願動向)を随時チェックし、自社及び他社の技術動向に応じて、特許請求の範囲を適宜補正し、出願審査請求をする時期の検討・決定をいたします。 実際の自社技術を適切に権利化して保護すると共に、他社の参入を防げる技術について権利化を目指します。なお、実際の自社技術を適切に権利化して保護するために、出願審査請求の時期は製品化の状況を見ながら検討します。他社が自社技術と類似する技術について特許出願等をしている場合には、特許庁に情報提供をして権利化を阻止するための措置を取ることも検討します。

権利移転・実施権設定・ライセンス契約

特許庁に対する出願人名義変更、権利移転、実施権設定などの諸手続きを行います。
ライセンス契約の仲介及び契約書の作成を行います。

-->

CONTACT お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

PAGE TOP