Original

商標登録のメリットに迫る!手間をかけてでも商標登録すべき理由

商標は登録が認められるまで、手間や労力、コストがかかります。すでに類似のものが申請されていないかなど調査する必要があり、決して簡単ではありません。それでも、商標登録しておくと会社に多くのメリットをもたらします。今回は、商標登録によって会社にどれほどのメリットがあるかについてご紹介します。


模倣品の所為でデメリットを被る可能性を減らせる

特許庁に登録された商標は、商標権を認められた人が独占的に利用できます。その商標を他人が勝手に使えなくなる点は、商標登録がもたらす大きなメリットです。

自分の会社で開発した商品がヒットしたとき、ネーミング・デザインなどが商標登録されていると競合他社は同じ製品を販売できません。人気が拡大しても激しい顧客の取り合いにならず、売り上げの大幅な減少を避けられます。それに対し商標登録を怠ると、人気商品はすぐほかの会社に真似される可能性が低くありません。それでは多くの時間や費用を投入して優れた商品を生み出しても、その苦労が十分に報われなくなってしまいます。

商標権の適用範囲は、完全に同じ商品に限られません。デザインなどが類似しているだけでも、使用の制限を受けます。日本の憲法では「表現の自由」が認められていますが、その権利を主張しても許可されません。英語表記をカタカナ表記に変更する、あるいは商品名の一部だけを異なる言葉に置き換えても規制対象になります。価格の安い類似品が売り出されたときも商標権の侵害と見なされるため、人気商品に便乗して安易に利益を横取りするような商売の防止にも役立ちます。


他人に自社の製品・サービスの商標を取られると、印字物が使えなくなることがある

特許庁による商標権の認可は、基本的に先着順です。自社で開発した製品やサービスであっても、その商標権を他人が先に獲得すると自分たちで使えなくなることがあります。

すでに何年も使用している印字物などでも、安心できません。人気の高い商品が商標登録されていないと、その知名度にあやかろうと考えた人が商品名だけ登録申請する恐れがあるためです。そんな事態が実際に起きれば、部外者であっても商標権者としての独占権を主張できます。反対に無登録で使用していたら、知らずに商標権を侵害してしまうこともあるのです。

ただし現在は、例外的な措置として「先使用権」が認められる場合も皆無ではありません。多くの顧客から長いこと親しまれ自社のブランドとして定着している商標などであれば、この権利が適用されるケースも知られています。その場合には商標登録していない商品名であっても使用できるので、包装紙などに印字しても問題ありません。


自社ブランドを安心して使える                                           

商標登録の手続きは無料でなく、申請時には出願費や登録費がかかります。それでも、円滑に会社運営を進めるうえで重要な役割を果たす制度のひとつです。

ビジネスにおいては、いつでも簡単に成果を出せるわけではありません。とくに起業したばかりであれば、まず顧客の確保に苦労するでしょう。会社を軌道に乗せるためには、地道に商品開発や営業努力を続ける必要があります。日々の積み重ねが実を結ぶと収益は向上し、会社の成長につながります。会社の事業が安定するまでには多くの労力が費やされるため、無駄にしたくありません。

しかし、自社ブランドが確立しても商標権の侵害を訴えられるとイメージは傷つきます。そのブランドが使用を認められなければ、各方面に与える影響は小さくありません。会社のホームページや店舗の看板、あるいは従業員の制服まで、問題となった商標を付しているものは撤去や廃棄を求められる場合があります。

最初にしっかり商品登録を済ませておけば、これらのトラブルを心配する必要はありません。自社ブランドを安心して使うために、商品登録は不可欠の手段といえるでしょう。


社会的な信用に繋がる

商標登録は、料金が発生するうえ出願してから申請が認可されるまでには多くの手続きが必要です。その負担を惜しまず登録を済ませておくと、信頼関係の構築に役立ちます。

新規事業をはじめる際など資金を調達する際には、商標登録していることが有利に働くケースが少なくありません。利益ばかり追求しているわけではないという業務姿勢に加えて、商標権そのものが融資を受けるとき担保としての価値を持つためです。

​​​​​​​商標登録しても、その商標が有名ブランドにまで成長する保証はありません。人気商品にならなければ、その売り上げによって登録手数料を回収できず採算が取れなくなる恐れもあります。それでも登録しておけば、目先の利益にとらわれない会社であると周囲に示せるため、イメージ向上や顧客からの信頼獲得を見込めるわけです。


まとめ

商標登録により自分たちの生み出したブランドが公開されていると、類似品の存在により不利益を被る危険性を減らせます。また商標権を獲得していれば、競合他社から訴えられないか心配する必要もありません。従業員は不安なく商品をアピールできるうえ、信頼できるブランドとしても価値を発揮します。手間はかかるものの、企業戦略という意味で大きな意義を持ちます。自社でのリサーチなどが困難であれば、商用登録専門の特許事務所の力を借りるのもひとつの方法です。

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧