Original

模倣の危険はないの?特許出願内容が公開される理由

特許権取得の最もたる目的は、「アイデアの独占」です。一方で、出願から1年半が経過すると出願内容が一般公開されることをご存知でしょうか。独自のアイデアが公開されることに対し、第三者による模倣を懸念される方もいるかもしれません。こちらでは、特許出願内容が公開される理由についてお話します。


特許の出願内容は1年半で公開される

特許は特許庁による審査を経て正式に登録されます。登録までは、出願者に一切の特許権はありません。特許権が認められると、第三者による同じアイデアの利用を一定期間差し止めることができます。

一方、将来的に特許権が認められるかどうかとは関係なく、出願された特許の内容は出願から1年半経過後に公開公報上で公開されます。公開公報は特許庁のホームページにて誰でも入手可能です。こうした出願内容の公開制度は、特許の概念があるほとんどの国で導入されています。

出願内容が公開されると、第三者でもある程度発明の内容を把握できます。登録後は発明の権利を出願者が独占することになるため、技術公開をしてバランスを調整するためにこの制度が設けられているようです。


出願内容の公開は同じような発明に特許を横取りさせないため

出願内容公開の目的のひとつは上述したように技術公開です。出願者にとってもうひとつの重要なポイントが「同じような発明で特許取得を考えている他者への抑止力」になるという点です。

特許登録されるためには、アイデアが新規性・進歩性を有していると認められる必要があります。出願内容が公開されている発明と同じようなアイデアを公開しても「すでに公知のアイデア」と判断されるため、審査を通過することはありません。もちろん、公開されている発明そのものも特許化されるかはその段階ではわかりませんが、少なくとも同じ様な発明による特許の横取りは防ぐことができます。

ただし、特許権が発生しているわけではないため、第三者にアイデアを模倣され商品化・商法利用されてしまうことは考えられます。この段階で第三者を権利侵害として訴えることはできません。相手を抑止したい場合、「特許化された際には特許法にもとづく補償金を請求します」といった警告を送る方法があります。


少しでも早く申請するのがオススメ

出願者にとって公開公報は、すでに同じようなアイデアが出願されているかどうかのチェック資料となります。ただし、同じようなアイデアが見つからなかったとしても、決して安心はできません。

特許は原則として「先願主義」です。同じアイデアが複数の出願者から申請された場合、優先されるのは1秒でも先に申請された出願です。このルールは上述したようなすでに出願内容が公開されている場合だけではなく、出願から1年半以内の未公開期間にも当てはまります。つまり、公開公報に見つからなかったとしても誰かが同じアイデアを出願している可能性があるのです。

出願から1年半以内の情報公開は任意であり、出願者が伏せている場合は原則として第三者が知る術はありません。内容はおろか、出願の事実すらわからないということです。

アイデアの創出には世の中の動きが大きく関与してきます。つまり、同じタイミングで同じアイデアを思いつく人は多いということです。特許権の取得を目指す場合は、公開公報に類似アイデアがないことを確認しただけで安心せず、早めに出願を行うのが好ましいと言えます。


業界自体を発展させるために特許すら公開する会社もある

特許はアイデアを独占する「権利」であり、義務ではありません。権利者が望む場合は、特許を公開することも、第三者による無償使用を認めることもできます。代表的な例が、松下電器の創業者・松下幸之助氏によるラジオ特許の無償公開です。

氏は昭和7年、ラジオにおける重要部分を発明した発明者から私財を投じて特許を買い取りました。さらに、氏はこの特許を自社で独占せず、同業他社に無償公開したのです。この取り組みは国内のラジオ産業を大きく発展させた貢献として現在も語り継がれています。

もちろん、特許権の取得や維持には費用がかかるため、独占することで利益が見込めるアイデアの特許を出願するのが一般的です。一方で、特許権が認められるようなアイデアは業界を大きく発展させる可能性を有しています。上述した例を考えると、松下幸之助氏の大胆な行動がその後の松下電器の評価につながったことは明白です。タイミングによっては、アイデアを独占せずに、業界の発展のために無償公開を検討してもよいかもしれません。


まとめ

これから特許出願を検討している方にとって、出願内容の公開はリスクに感じるかもしれません。確かにこの段階では特許番号が付与されておらず、アイデアには法的な根拠は一切ない状態です。その一方で、同じようなアイデアで特許取得を考えている第三者を止めることもできます。また、同様のアイデアが公開公報にないからといって安心せず、思いついたアイデアは早めに形にして出願しましょう。

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧