Original

特許を取得するメリット4つ!特許の魅力は自社の利益を確保できること

「特許はできる限り取得したほうが良い」とは言われるものの、実際にこれまで特許を取得しなくても、事業に支障が無いケースは少なくありません。そのため、「わざわざ特許を取得する必要はないのではないか?」と感じてしまう経営者の方もいるのではないでしょうか。

しかし、特許を取得することで、さまざまなメリットを得ることができます。

ここでは、特許取得のメリットをご紹介します。


特許取得のメリット


①ライバルの市場参入を防げる


特許を取得することで、ライバル企業による同じような技術を使った商品の販売やサービスの提供を阻止することができます。特許を取得していない状態で、商品、サービスを市場に展開してしまうと、ライバル企業に勝手に技術を使われてしまう恐れがあります。

独占禁止法などの法律によって、市場参入を全て防げるわけではありませんが、特許を取得していることで、市場における自社の優位性を保つことができます。

なぜならば、特許を取得している技術については、特許権者に許諾なしで技術を使用することができないからです。万が一、許諾なしに技術を使用した場合、特許権者はその企業に対して、差し止め請求をすることができます。これが認められると、請求された側は、その技術を使った商品の製造や販売を取りやめなければなりません。

このように、特許を取得することで、特許権者には独占禁止法を例外適用して、技術を自分たちだけのものにすることが可能となるのです。ライバル企業に邪魔されることなく、自社の商品やサービスを販売することができるでしょう。


②ライセンスで収益を得られる


特許を取得すると、他の企業がその技術を自社の商品に使うことができなくなります。しかし、ある条件のもとにおいては他の企業であっても特許技術を使うことができるのです。それが、ライセンス契約です。

特許権者は、他社とライセンス契約を結ぶことができます。特許権者は、他社から一定のライセンス料を受け取ることで、特許取得している技術の適用を認めます。これによって、他社でも同じ技術を使った商品展開ができるようになるのです。


なかには、特許を取得した後、特許権者自身であっても、その特許を使って商品販売ができないような他社に独占的な使用を認める契約をし、高額なライセンス料を受け取ることで利益としているケースもあります。ライセンス料は、一括で受け取る契約方法や、商品やサービスの販売数量に応じて従量制で受け取る契約方法など、複数の契約方法が考えられるでしょう。

一般的には、法律による制限はありませんので、双方が合意していれば、自由にライセンス契約を締結することができます。


③訴えられる可能性を減らせる


特許を取得せずにいると、ライバル企業に技術を盗まれて真似されてしまうリスクがあります。それどころか、場合によっては相手企業から訴えられてしまう恐れがあるのです。たとえば、特許申請をしていなかった技術を、他社が先に特許取得してしまうことで、逆に差し止め請求を受けてしまう可能性があります。そうなると、せっかく開発した技術が意味をなさなくなるのです。


もちろん、しっかりと自分が先に開発した技術であることが証明できれば、差し止め請求を却下してもらうことができるかもしれません。それでも、差止め請求が却下されるまでは、商品の販売ができなくなってしまいます。また、訴えに対抗するための弁護士費用や弁理士費用、そして裁判費用など、余計なコストがかかってしまうでしょう。さらに、貴重な時間を消費してしまうなどのリスクもあります。


さらに、万が一差し止め請求が認められてしまうと、せっかく開発した技術で商品の販売ができなくなるだけではなく、すでに製造した在庫も処分しなければならなくなります。企業に対するダメージは非常に大きく、小さな企業であれば存続の危機に陥る恐れもあるでしょう。


④宣伝効果やマーケティングの武器になる


特許出願、および特許を取得をすることで、その特許に対して特許表示をつけることができます。努力義務のため、必ずしも表示しなければならないというわけではありません。また、それによって、罰則を受けることはないでしょう。しかし、多くの企業は、特許取得済みの表示を掲載しています。


その理由としては、宣伝効果があるからです。顧客の目に着く部分に、特許を取得していることを明示することで、その商品や技術が自社独自のものであり、他の企業では真似することができないことの印象付けることができます。これによって、同じような商品やサービスであっても、ライバルである同業他社商品との差別化をすることが可能です。


また、広告でなく営業活動の場合にも積極的に特許取得をしていることをアピールすることで、効果的なマーケティングツールとして役立ってくれます。さらに、設立して歴史の浅い企業であっても特許を取得していれば、信頼できる技術であるということの裏付けをさせることができるでしょう。


まとめ


特許を取得しなくても、商売を続けられるものですが、特許を取得することで得られるメリットは、非常に多いです。同業他社に邪魔されることなく、自分の商品を展開できたり、相手から訴えられたりするリスクなどを回避することができます。

特許を取得することはおすすめですが、特許を取得するためには、専門的な知識が必要となります。もし、お持ちの技術の特許取得に関してお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールフォームからお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧